トモエ|福山醸造




福山醸造の歴史

福山醸造の前身は、福井県 の回船問屋。日本全国を巡 り各地の産物を商っていた 頃、北海道の豊富な食と出 会います。大地の恵み、山の 幸、海の幸。特に北海道が大 豆の産地であったことが決 め手となり、明治二四年、札 幌で醤油醸造業を開業。 豊かな北海道に魅せられ、 この地に根をおろしました。 札幌に北海道で初めての電 灯が灯ったのもちょうどこ の頃。まさに、北海道の夜明 けとともに福山醸造は産声 を上げました。

  • 大正時代の福山醸造の看板
  • 回船問屋時代の持船神力丸の船名板

苗穂工場の歴史

大正時代に入り、福山醸造 は初めて味噌の製造に着 手。味噌・醤油兼業の醸造 業者として経営規模を拡 大していきます。大正七年 には、水の良さで知られる 札幌の苗穂に工場を建設。 石狩川水系の天然伏流水 が、さらなるおいしさの源 となりました。ここで生産 を開始した「小判味噌」 は道内外でも愛され、好調 な売れ行きを記録。それに より味噌・醤油の生産量 は増加していきました。さ らに事業を拡大するため、 味噌の製造拠点を旭川へ。 味噌造りに適した気候、そ して大雪山系の伏流水が 決め手となりました。その 後、歴史ある苗穂工場は、 苗穂地区にある工場・記 念館群の一つとして、平成 十六年北海道遺産に選ば れました。

  • 現在の礎を築いた北海道遺産認定の苗穂工場
北海道遺産とは
北海道にあるゆた かな自然、歴史や 文化、生活、産業 など、有形・無形 の財産の中から、 道民が自ら選定し た北海道の大切な 宝物です。選ばれ た北海道遺産は保 護・保存するだけ ではなく、守り、 磨き、活用するこ とで地域の活性化 や北海道の新しい 魅力の創造につな げていこうとして います。

福山醸造 沿革

  1. 明治二十四年十一月
    醤油製造業、福山商店として札幌で創業。
  2. 大正七年十月
    苗穂工場を設立。
  3. 昭和十八年六月
    福山食料工業株式会社に法人改組。
  4. 昭和二十六年十一月
    トモエ醤油株式会社に社名変更。
  5. 昭和三十年四月
    福山醸造株式会社に社名変更。
  6. 昭和四十三年五月
    資本金八五〇〇万円に増資。
  7. 昭和四十七年十月
    味噌の製造を北海道味噌株式会社に移管。
  8. 昭和四十九年五月
    醤油の製造を北海道醤油株式会社に移管。
  9. 平成二年八月
    本社を東区苗穂町二丁目四番一号に移転。
  10. 平成三年七月
    創業一〇〇周年を迎える。
  11. 平成十五年十一月
    ISO九〇〇一:二〇〇八認証取得。
  12. 平成十六年十一月
    醤油工場が、北海道遺産協議会より「札 幌苗穂地区の工場・記念館群」として 北海道遺産に認定される。
  13. 平成二十六年九月
    本社社屋に直売所をオープン。
  • 昭和29年国体に行幸の折り札幌物産協会の展示でトモエ醤油展示をご覧になる昭和天皇
  • トモエ醤油株式会社時代の商品展示
  • 明治末年の福山商店
  • 大正時代の製品出荷作業
  • 昭和10年ころの商品

loading